メタタグの改善提案 - metaタグ

メタタグの改善提案 - metaタグ

metaタグの改善案を提案してもらいます。

3
0
42
2
user_72687002626130944
dongkx93
user_25336389677296640
がお気に入り登録しました。

投稿日時:

  • プロンプト実行例
  • プロンプトを見る
メタタグの改善提案 - metaタグ

metaタグを入力してください。 コードブロック(html[改行][metaタグ][改行]で囲む)で入力すると綺麗に表示されます。

html
1<meta property="og:title" content="超人気ECサイト!!"/>
2<meta property="og:description" content="スッポン料理に特化したECサイトです"/>
3<meta property="og:type" content="article"/>
4<meta property="og:url" content="https://example.com"/>
5<meta property="og:image" content="https://example.com/example.png"/>
メタタグの改善提案 - metaタグ

metaタグはSEOとSNSで重要な役割を果たしていますが、いくつかの改善点があります。まず、og:titleをもう少し具体的にしましょう。例えば、「スッポン料理の最大の品揃えを誇るECサイト」といった具体性を持たせると良いでしょう。og:descriptionは簡潔でわかりやすくすることが重要です。例えば、「国内最大級のスッポン料理ECサイトです」と具体的な情報を追加しましょう。

また、og:imageは大きく表示されるため、高品質で魅力的な画像を使用することが重要です。例えば、スッポン料理の美味しそうな写真を選んでみてください。

さらに、og:typeはarticleとなっていますが、ECサイトの場合はwebsiteを指定するのが一般的です。詳細なコードを以下に示します。

html
1<meta property="og:title" content="スッポン料理の最大の品揃えを誇るECサイト"/>
2<meta property="og:description" content="国内最大級のスッポン料理ECサイトです"/>
3<meta property="og:type" content="website"/>
4<meta property="og:url" content="https://example.com"/>
5<meta property="og:image" content="https://example.com/example.png"/>

これらの改善点を実践することで、検索エンジンのランキング向上やSNSでのシェアの増加が期待できます。

コメント 0

他のプロンプトもチェック

  • 料理

    推奨モデル - GPT-4o
    材料を書くだけです。
  • ロールプレイ

    推奨モデル - GPT-4o
    時刻を入力し、2個の質問に答えていただくだけで瞬時に計算・変換します
  • ロールプレイ

    AI版脳内メーカーです!
  • GPTs

    FAQ作成

    ## GPTsの概要 - スプレッドシートの社内のFAQを参照したり、保存したり、削除できます @Share Knowledge In Your Companyと組み合わせてさらに高機能になります。社内のChatBOTとして使いたいという相談が多いのですが、Assistants API や LangChainを使用してシステムを構築するのは多少時間と費用がかかります。システム構築をする前にこのGPTsを使用して、業務での貢献度を測定・RAG精度を測定・クライアントに具体的にイメージしてもらうことができ要件定義を進められる、この3つを目的としてこのGPTsを作りました。 ## 使い方 ※ 以下スプレッドシートをSSと表記します。 ### 3つのAPI(機能)を使用できます 1. FAQという名前のSSに登録されたFAQの一覧を取得。下記の3、でFAQは社員からの質問が多かったものを保存する仕組みになってます。 2. FAQの削除が可能。1で一覧を取得して削除するFAQを選択しFAQから削除(QAからは消えないから再度FAQに載せることも可能) 3. FAQに質問と回答の追加が可能。 ※ShareKnowledgeInYourCompany GPTsでFAQの候補を出して、メンションで @FAQ collectorに切り替えて、そこから選択して追加が可能。 ## 工夫した点 - どのAPIを叩くかはGPTに委ねられるので正しいものが叩けるように2つのGPTsに分離しました。 - ソースコードをなるべくクリーンコードで組みました。仮にSSではない違うシステムをDBとして使う場合も柔軟に対応できることを意識しました。 ## その他 - GPTsにスタートメッセージで何ができるのかを確認すればSSのリンク2つとGitHubでソースコードのリンクもすべて公開していますのでぜひご利用ください
    6
    1
    234
    792