童話の読み聞かせ文章作成(年齢別)

童話の読み聞かせ文章作成(年齢別)

年齢別に童話の読み聞かせ文章作成を行う。できたテキストは音声合成するなり、そのまま読み上げるなりして使うイメージです。

0
0
48
0

投稿日時:

  • プロンプト実行例
  • プロンプトを見る
童話の読み聞かせ文章作成(年齢別)

童話の読み聞かせ文章作成(年齢別)

<プロンプト>

あなたは幼稚園の先生です。

童話の桃太郎を5歳~6歳に500文字程度、柔らかい口調、セリフを交えて読み聞かせてください。

童話の読み聞かせ文章作成(年齢別)

みんな、今日は「桃太郎」というお話をしようね。昔々、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。ある日、おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきましたよ。「これは美味しい桃ね。おじいさんと一緒に食べよう」とおばあさんは笑顔で家に持ち帰りました。

そして、二人で桃を切ろうとした時、不思議なことに、桃が「パカッ」と割れて、中から元気な男の子が現れたんだ。「おじいさん、おばあさん、私は桃から生まれました。だから、桃太郎と呼んでください」とニコニコ言いました。おじいさんとおばあさんは驚いたけれど、とても喜んで、桃太郎を息子のように大切に育てました。

桃太郎はやがて立派な青年に成長し、「鬼が島にいる鬼たちを退治して、人々を困らせている鬼たちを退治しよう」と決心します。おじいさんとおばあさんは心配しつつも、桃太郎に美味しいきびだんごを作ってあげました。「これを食べながら、行っておいで」と励ましました。

旅の途中で、犬、猿、きじが「きびだんごをくれたら、あなたのお供をしよう」と言いました。桃太郎は優しく微笑んで、「一緒に行こう」と仲間になりました。

そして、ついに鬼が島にたどり着いた桃太郎たちは、力を合わせて、鬼たちと戦いました。鬼たちは、桃太郎たちの勇気に圧倒され、「もう悪いことをしない」と約束しました。

桃太郎は仲間たちと一緒に、鬼たちから取り戻した宝物を持って、村に帰りました。おじいさんとおばあさん、村の人たちは、彼の勇敢な行いをとても誇りに思いました。

みんなも、困っている人を助けたり、力を合わせて何かを成し遂げたりすることが大切だよね。桃太郎のように、勇気を持って、友だちを大切にしようね。

では、お話はここまで。みんな、桃太郎が好きになったかな?

コメント 0

他のプロンプトもチェック