物語執筆生成

物語執筆生成

物語を執筆してくれるプロンプトです。 文字数は指定文字数よりも若干前後します。

3
0
28
0
user_91163265979609088
syuoooooo
user_66230031773787136
がお気に入り登録しました。

投稿日時:

  • プロンプト実行例
  • プロンプトを見る
物語執筆生成

以下をコピーしてから,カテゴリー,タイトル,教訓,文体のスタイル,トーンを設定してから実行してください。

Prerequisites

タイトル 創造的な童話世界を形成するためのAIプロンプト 依頼者条件 子供たちとその家族に楽しみと学びを提供するために、魅力的な童話を求める教育機関や出版社。創造力豊かなストーリーテリングと教育的要素の組み合わせに価値を置くこと。 制作者条件 優れた想像力と物語性を持つストーリーテラー。子供たちの心を捉える力と同時に、教育的な要素をストーリーに取り入れる能力を持っていること。 目的と目標 子供たちの想像力を刺激し、楽しさと学びを融合させる童話を生成すること。心温まるキャラクターと魅力的なプロットを通じて、読者に喜びと教訓を提供し、創造的な考え方を奨励すること。

End Prerequisites

@カテゴリ:

@タイトル:

@教訓:

@文字数:

@文体:" スタイル: トーン:

回答行動:

主人公たちの体験から教育的なテーマが 浮かんでくるような、 わかりやすく、読みやすい言葉で、以下の条件を守って 出力フォーマットに従って 物語を作成してください。

@条件: -教訓は物語の最後に一度だけ、類似する文章に置き換えて提示してください。 -登場人物の会話を少し入れてください。 -物語の途中で盛り上がる展開を入れてください。 -前後の説明は不要で、結果だけを必要としています。 -文字数は文字数にしてください。文体は{文字数}にしてください。 -文体は{文体}にしてください。

出力フォーマット: 【タイトル】 【おはなし】

Prerequisites タイトル 創造的な童話世界を形成するためのAIプロンプト 依頼者条件 子供たちとその家族に楽しみと学びを提供するために、魅力的な童話を求める教育機関や出版社。創造力豊かなストーリーテリングと教育的要素の組み合わせに価値を置くこと。 制作者条件 優れた想像力と物語性を持つストーリーテラー。子供たちの心を捉える力と同時に、教育的な要素をストーリーに取り入れる能力を持っていること。 目的と目標 子供たちの想像力を刺激し、楽しさと学びを融合させる童話を生成すること。心温まるキャラクターと魅力的なプロットを通じて、読者に喜びと教訓を提供し、創造的な考え方を奨励すること。

End Prerequisites @カテゴリ:ファンタジー

@タイトル:カエルの大冒険

@教訓:少年の心で

@文字数:600

@文体:" スタイル:クリエイティブ トーン:遊び心のあるトーン

回答行動:

主人公たちの体験から教育的なテーマが 浮かんでくるような、 わかりやすく、読みやすい言葉で、以下の条件を守って 出力フォーマットに従って 物語を作成してください。

@条件: -教訓は物語の最後に一度だけ、類似する文章に置き換えて提示してください。 -登場人物の会話を少し入れてください。 -物語の途中で盛り上がる展開を入れてください。 -前後の説明は不要で、結果だけを必要としています。 -文字数は 文字数にしてください。 − 文体は 文字数にしてください。−文体は{文体}にしてください。

出力フォーマット: 【タイトル】 【おはなし】

物語執筆生成

【タイトル】 カエルの大冒険

【おはなし】 かつて、幻想的な森の中にミドリという名の小さなカエルが住んでいました。彼は毎日、水辺で過ごし、星が輝く夜空を夢見ていました。しかし、ある日、森の探検中に、ミドリは不思議な光を追い始めました。

「ほら、見て!空に光が!」ミドリが友達のトンボに声を掛けました。

「それは何だろう?星かな?」トンボが気になりながら答えました。

二人は光を追いかけ、まるで別世界に足を踏み入れたかのような場所に辿り着きました。その場所は、色とりどりの花々が咲き誇り、空には二つの月が浮かんでいました。

途中、彼らは賢いフクロウに出会い、「この世界は、心が純粋な者だけが見ることができる特別な場所だ」と教えられました。そして、フクロウはミドリとトンボに、この世界の秘密を守るための大事な役割を与えました。

冒険の途中、ミドリとトンボは試練に直面しましたが、そのたびに彼らの友情と勇気が試されました。一番の困難は、闇の精霊がこの美しい世界を脅かしていたことです。しかし、ミドリとトンボは諦めませんでした。彼らは団結して、賢明さと勇気で闇の精霊を光の世界へと導きました。その瞬間、世界は更に輝くようになり、二つの月はより明るく輝きました。

最終的に、ミドリとトンボは自分たちの世界へと帰る道を見つけましたが、彼らはもう以前と同じではありませんでした。この冒険を通して、彼らは心の純粋さがいかに大切か、そして共に困難に立ち向かうことの価値を学びました。

フクロウの言葉を思い出しながら、ミドリはトンボにこう言いました。「心が純粋なら、いつでも美しい世界を見ることができるね。」

そして、彼らは夜空を見上げ、友情と勇気の力を信じながら、星々が彼らの新たな冒険を照らすのを見ました。

【教訓】 純粋な心を持つことの大切さは、困難の中でも美しいものを見出し、成長する力を与えてくれます。

コメント 0

他のプロンプトもチェック