【宅建士】合格サポーター(オリジナル単語帳作成機能付き)

【宅建士】合格サポーター(オリジナル単語帳作成機能付き)

宅建士試験は過去問を解く勉強法が有効とされています。 以下のリンクから問題をコピペしてお試しください。kakomonn.com/takken/list

推奨モデル - GPT-4o
2
1
133
2
user_122278262380341248
user_103477780397436928
がお気に入り登録しました。

投稿日時:

  • プロンプト実行例
【宅建士】合格サポーター(オリジナル単語帳作成機能付き)

問題を「1問ずつ」コピペしてください。

次の1から4までの記述のうち、民法の規定、判例及び下記判決文によれば、誤っているものはどれか。

(判決文) 遺産は、相続人が数人あるときは、相続開始から遺産分割までの間、共同相続人の共有に属するものであるから、この間に遺産である賃貸不動産を使用管理した結果生ずる金銭債権たる賃料債権は、遺産とは別個の財産というべきであって、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得するものと解するのが相当である。 1 .遺産である不動産から、相続開始から遺産分割までの間に生じた賃料債権は、遺産である不動産が遺産分割によって複数の相続人のうちの一人に帰属することとなった場合、当該不動産が帰属することになった相続人が相続開始時にさかのぼって取得する。 2 .相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属し、各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。 3 .遺産分割の効力は、相続開始の時にさかのぼって生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。 4 .遺産である不動産が遺産分割によって複数の相続人のうちの一人に帰属することとなった場合、当該不動産から遺産分割後に生じた賃料債権は、遺産分割によって当該不動産が帰属した相続人が取得する。

【宅建士】合格サポーター(オリジナル単語帳作成機能付き)

解答

正解は「1」です。

中学生向け解説

遺産分割っていうのは、誰かが亡くなったときに、その人が持っていた財産(遺産)を相続者(遺産をもらう人たち)の間で分けることを言います。例えば、おじいちゃんが持っていた家とか、お金とかが遺産になるよね。

では問題を見てみましょう。

  1. 遺産である不動産から、相続開始から遺産分割までの間に生じた賃料債権は、遺産である不動産が遺産分割によって複数の相続人のうちの一人に帰属することとなった場合、当該不動産が帰属することになった相続人が相続開始時にさかのぼって取得する。

    • これは間違っています。判決文では、賃料債権(つまり家賃)は「遺産とは別個の財産」というものなので、初めから各相続人が自分の取り分を持っているんだね。だから、遺産の分割が済んであっても、賃料債権はその結果に影響されないんだ。
  2. 相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属し、各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。

    • これは正しいんだ。相続財産は本来、全員で共有(みんなのもの)しているから、それぞれが自分の取り分を持っていることになるんだね。
  3. 遺産分割の効力は、相続開始の時にさかのぼって生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

    • これも正しい。遺産分割が行われたら、その効力は最初に相続が始まった時点に戻って生じるけど(つまり分けたことが後から問題になったりしない)、他の人の権利を害することはできないんだ。
  4. 遺産である不動産が遺産分割によって複数の相続人のうちの一人に帰属することとなった場合、当該不動産から遺産分割後に生じた賃料債権は、遺産分割によって当該不動産が帰属した相続人が取得する。

    • これも正しい。だから、遺産分割後に生じた家賃は、その不動産をもらった人がもらうことになるんだ。

重要なキーワード

キーワード解説
遺産亡くなった人が残した財産(家、お金など)。
相続亡くなった人の遺産をもらうこと。
賃料債権家を借りる人が家賃として払うお金についての権利。
遺産分割亡くなった人の遺産を相続人の間で分けること。
共有全員で一緒に持っていること。
相続分各相続人がもらう取り分。
権利義務権利(していいこと)、義務(しなくてはいけないこと)。
承継前の人から引き継ぐこと。
第三者遺産とは関係ない人。
確定的に取得確実にもらうこと。
金銭債権お金をもらう権利。

勉強のアドバイス

遺産や相続の勉強は少し難しいかもしれませんが、基本的な考え方を理解することが大切です。以下の点に注意して勉強を進めてください:

  1. 基本用語を覚える: まずは、「遺産」「相続」「相続分」「共有」などの基本的な用語をしっかりと理解しましょう。これが基礎になります。

  2. 具体的な例を考える: 自分の家族や身の回りの人のことを例に考えてみると分かりやすいかもしれません。たとえば、おじいちゃんが持っている家やお金をどう分けるか、という形で考えます。

  3. 法律の目的を考える: なぜこの法律があるのか、何が公平なのかを考えると理解が深まります。例えば、遺産がみんなの共有になっている理由は何か(全員が平等にもらえるようにするため)など。

  4. 過去問を解く: 過去問を解くことで、どのような問題が出るのか、どこが重要なのかが分かります。繰り返し解くことで自然と理解が深まります。

  5. 勉強ノートを作る: キーワードやその意味、法律のポイントを一冊のノートにまとめておくと復習がしやすくなります。

焦らず一つずつ理解していくことで、確実に力がついていくはずです。頑張ってください!

コメント 0

他のプロンプトもチェック

  • コード生成・修正

    プログラミング言語「R言語」言語のスクリプトコードを生成します!!
  • GPTs

    キャラクター作成

    お好みの美女を教えてください。 プロンプト公開中👉 https://oshiete.ai/items/92839573707920384 画像プロンプト👉 https://oshiete.ai/items/92861375247921152
  • GPTs

    計画立案

    生成AIパスポート試験本番(2月16〜17日) に向けた直前の試験対策GPTです。 生成AIパスポート試験のシラバスから出題します。 章番号を指定すると10問の練習問題が出題されます。 4択の演習問題と穴埋めの演習問題を交互に出題します。 4択ばかりだと飽きてきますので穴埋め問題も交互に出題されるようにしました。 10問おわると正答率を表示します。 間違えた問題を中心に学習することもできます。 また、やっていない問題を中心に学習することもできます。 人は、考えてみてわからなったという体験のすぐ後に解説が表示されると記憶に残りやすいものです。 解答をまちがったりわからなかったあとは詳しく、その内容について詳しく表示されます。
  • 文案作成

    このプロンプトは、セミナー終了後に参加者に送る フォローアップメールの作成を支援するために設計しています。 メールは、セミナーで得られた知識の復習、参加者への感謝の表明、 そして参加者の関心を次のステップへと誘導する内容を含んでいます。 効果的なコミュニケーションを通じて、 参加者との継続的な関係構築と、商材やサービスへの関心を高めることを目指しています。