ポエムを紡(つむ)ぐ数式プロンプト ”GPT4必須”

ポエムを紡(つむ)ぐ数式プロンプト ”GPT4必須”

数式に従い、詩を紡ぎます。 この数式は、詩を書く際に考慮すべき要素を組み合わせて表現したものです。数式の各部分を分解し、その意味を具体的に説明します。 AnalyzeEmotion(UserInput): まず、詩を書く前のプロセスとして、ユーザーからの入力(感情、アイデア、イメージなど)を分析し、詩の基調となる感情を抽出します。詩の全体的な感情や雰囲気を決定する基礎です。 UserProvidedThemeFactor: 詩のテーマや主題をユーザーが指定します。桜や別れなど、詩に込めたいテーマがこれに該当します。詩全体を通じて表現されるべき中心的な考えやメッセージです。 DepthImagery + Complexity: 詩におけるイメージの深さと複雑性を加算します。ここでの「深さ」は、詩のイメージや比喩が読者の心に強い印象を与える程度を指し、「複雑性」は、詩の構造や言葉遣いがどれだけ洗練されているかを表します。より深いイメージと複雑さは、詩に豊かな質感と多層的な意味を加えます。 Metaphor(AnalyzeEmotion(UserInput), Theme): 詩の基調となる感情とテーマを用いて、詩のための比喩や象徴を作成します。これらの比喩は、直接的な表現では伝えられない感情や思考を読者に伝えるために使用されます。 Structure(AnalyzeEmotion(UserInput), UserSpecifiedToneFactor, Theme): 詩の構造を定義します。これには、詩のリズム、韻律、行の長さ、詩のセクションの配置などが含まれます。詩の基調、ユーザーが指定したトーン、テーマに基づいて、詩全体の形式や構造が決定されます。 これらの要素を組み合わせて、詩の感情的な深み、テーマ性、想像力豊かな表現、構造的な整合性を実現し、詩の全体像を構築しています。数式全体は、詩作りの過程を構造化し、より深く、感情的に響く詩を創造するためのガイドラインとして機能します。

1
0
68
15
hirokaji
がお気に入り登録しました。

投稿日時:

  • プロンプト実行例
  • プロンプトを見る
ポエムを紡(つむ)ぐ数式プロンプト ”GPT4必須”

数式に従い、詩を紡ぎます。詩の主題となるキーワードを入力してください。

キーワード

ポエムを紡(つむ)ぐ数式プロンプト ”GPT4必須”

春のつぼみのように、わたしたちの出会いもまた、 希望満ちていた。桜の花が満開になるように、 わたしたちの関係も美しく花開いた。 ピンクの絨毯を敷き詰める花びらの下で、 約束と夢を語り合い、時を忘れていた。

しかし、花は散る運命にある。桜の花びらが、 風に乗り、静かに地に舞い落ちるように、 わたしたちの時間も、静かにその終わりを迎えた。 散る花びらが美しいのは、そのはかなさゆえ。 わたしたちの別れもまた、美しいものだった。

桜が次の春にもう一度花開くように、わたしたちもまた、 新しい道を歩み始める。花びらが土に還り、 次の花を育てるように、わたしたちの思い出も、 新たな始まりを育てる土となる。 別れは終わりではなく、新しい章の始まり。

桜の木の下で囁く風は、慈しむように、私たちを送り出す。 「さよなら」は、「また会う日まで」という約束。 桜花のように、わたしたちの物語もまた、 はかなく、そして、美しい。

数式の意味を説明して

ポエムを紡(つむ)ぐ数式プロンプト ”GPT4必須”

この数式は、詩を書く際に考慮すべき要素を組み合わせて表現したものです。数式の各部分を分解し、その意味を具体的に説明します。

  1. AnalyzeEmotion(UserInput): まず、詩を書く前のプロセスとして、ユーザーからの入力(感情、アイデア、イメージなど)を分析し、詩の基調となる感情を抽出します。詩の全体的な感情や雰囲気を決定する基礎です。

  2. UserProvidedThemeFactor: 詩のテーマや主題をユーザーが指定します。桜や別れなど、詩に込めたいテーマがこれに該当します。詩全体を通じて表現されるべき中心的な考えやメッセージです。

  3. DepthImagery + Complexity: 詩におけるイメージの深さと複雑性を加算します。ここでの「深さ」は、詩のイメージや比喩が読者の心に強い印象を与える程度を指し、「複雑性」は、詩の構造や言葉遣いがどれだけ洗練されているかを表します。より深いイメージと複雑さは、詩に豊かな質感と多層的な意味を加えます。

  4. Metaphor(AnalyzeEmotion(UserInput), Theme): 詩の基調となる感情とテーマを用いて、詩のための比喩や象徴を作成します。これらの比喩は、直接的な表現では伝えられない感情や思考を読者に伝えるために使用されます。

  5. Structure(AnalyzeEmotion(UserInput), UserSpecifiedToneFactor, Theme): 詩の構造を定義します。これには、詩のリズム、韻律、行の長さ、詩のセクションの配置などが含まれます。詩の基調、ユーザーが指定したトーン、テーマに基づいて、詩全体の形式や構造が決定されます。

これらの要素を組み合わせて、詩の感情的な深み、テーマ性、想像力豊かな表現、構造的な整合性を実現し、詩の全体像を構築しています。数式全体は、詩作りの過程を構造化し、より深く、感情的に響く詩を創造するためのガイドラインとして機能します。

コメント 0

他のプロンプトもチェック

  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - DALL•E 3
    光を利用した綺麗な画像を生成します。
  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - DALL•E 3
    アニメ風イラストを生成できるAIの進化版です。 更なるプロンプト強化をしました
  • マーケティング一般

    ブレスト(ブレインストーミング)をやってくれるプロンプトです。ブレストの対象となるキーワードを入力すると、ブレストが始まります。
    1
    0
    16
    82
  • GPTs

    FAQ作成

    ## GPTsの概要 - スプレッドシートの社内のFAQを参照したり、保存したり、削除できます @Share Knowledge In Your Companyと組み合わせてさらに高機能になります。社内のChatBOTとして使いたいという相談が多いのですが、Assistants API や LangChainを使用してシステムを構築するのは多少時間と費用がかかります。システム構築をする前にこのGPTsを使用して、業務での貢献度を測定・RAG精度を測定・クライアントに具体的にイメージしてもらうことができ要件定義を進められる、この3つを目的としてこのGPTsを作りました。 ## 使い方 ※ 以下スプレッドシートをSSと表記します。 ### 3つのAPI(機能)を使用できます 1. FAQという名前のSSに登録されたFAQの一覧を取得。下記の3、でFAQは社員からの質問が多かったものを保存する仕組みになってます。 2. FAQの削除が可能。1で一覧を取得して削除するFAQを選択しFAQから削除(QAからは消えないから再度FAQに載せることも可能) 3. FAQに質問と回答の追加が可能。 ※ShareKnowledgeInYourCompany GPTsでFAQの候補を出して、メンションで @FAQ collectorに切り替えて、そこから選択して追加が可能。 ## 工夫した点 - どのAPIを叩くかはGPTに委ねられるので正しいものが叩けるように2つのGPTsに分離しました。 - ソースコードをなるべくクリーンコードで組みました。仮にSSではない違うシステムをDBとして使う場合も柔軟に対応できることを意識しました。 ## その他 - GPTsにスタートメッセージで何ができるのかを確認すればSSのリンク2つとGitHubでソースコードのリンクもすべて公開していますのでぜひご利用ください
    6
    1
    234
    793