user_73183764381239296
  • x
  • facebook

ウェブエンジニア、React周りが好き。 OPEN AIのAPIアプリを作成したのを機にLLM周りの技術にも興味を持ち始めました。

全2件
  • GPTs

    FAQ作成

    ## GPTsの概要 - スプレッドシートの社内のFAQを参照したり、保存したり、削除できます @Share Knowledge In Your Companyと組み合わせてさらに高機能になります。社内のChatBOTとして使いたいという相談が多いのですが、Assistants API や LangChainを使用してシステムを構築するのは多少時間と費用がかかります。システム構築をする前にこのGPTsを使用して、業務での貢献度を測定・RAG精度を測定・クライアントに具体的にイメージしてもらうことができ要件定義を進められる、この3つを目的としてこのGPTsを作りました。 ## 使い方 ※ 以下スプレッドシートをSSと表記します。 ### 3つのAPI(機能)を使用できます 1. FAQという名前のSSに登録されたFAQの一覧を取得。下記の3、でFAQは社員からの質問が多かったものを保存する仕組みになってます。 2. FAQの削除が可能。1で一覧を取得して削除するFAQを選択しFAQから削除(QAからは消えないから再度FAQに載せることも可能) 3. FAQに質問と回答の追加が可能。 ※ShareKnowledgeInYourCompany GPTsでFAQの候補を出して、メンションで @FAQ collectorに切り替えて、そこから選択して追加が可能。 ## 工夫した点 - どのAPIを叩くかはGPTに委ねられるので正しいものが叩けるように2つのGPTsに分離しました。 - ソースコードをなるべくクリーンコードで組みました。仮にSSではない違うシステムをDBとして使う場合も柔軟に対応できることを意識しました。 ## その他 - GPTsにスタートメッセージで何ができるのかを確認すればSSのリンク2つとGitHubでソースコードのリンクもすべて公開していますのでぜひご利用ください
    6
    1
    232
    783
  • GPTs

    FAQ作成

    ## GPTsの概要 - スプレッドシートに社内のQAを参照したり、保存したり、@FAQ collectorと組み合わせて使用し、FAQを生成するGPTsです。社内のChatBOTとして使いたいという相談が多いのですが、Assistants API や LangChainを使用してシステムを構築するのは多少時間と費用がかかります。システム構築をする前にこのGPTsを使用して、業務での貢献度を測定・RAG精度を測定・クライアントに具体的にイメージしてもらうことができ要件定義を進められる、この3つを目的としてこのGPTsを作りました。 ## 使い方 ※ 以下スプレッドシートをSSと表記します。 ### 6つのAPI(機能)を使用できます 1. QAという名前のSSに登録された全カテゴリーの取得。カテゴリーごとのシートが存在し、過去の質問と回答が保存されてる 2. カテゴリーの追加(カテゴリー追加をすると追加したカテゴリーと同じ名前のシートがSSに作成される) 3. カテゴリー内の業務の質問(過去に同じ質問をした人がいないかカテゴリーのシートから検索してくれる) 4. 3でSSを調べて、過去の質問がない場合はknowledgeを確認してユーザに回答をして、新しい質問としてカテゴリー分けされたシートに保存する 5. 3でSSを調べて、過去の質問がある場合は、その回答を表示。その回答がどうかを評価をするように伝え、良い評価と答えるとその質問のポイントを追加する。ポイントが高い回答だと、6でFAQの候補として挙がる 6. FAQ候補を表示する機能。10ポイント以上でかつFAQにまだ掲載していない質問を表示する 以上6つのAPIを使用できる。 ※ 6でFAQ候補を出してから、@を利用してFAQ collectorに切り替えると、そちらでFAQの保存ができる。またFAQ collectorではFAQの一覧表示と削除が可能。 ## その他 - GPTsにスタートメッセージで何ができるのかを確認すればSSのリンク2つとGitHubでソースコードのリンクもすべて公開していますのでぜひご利用ください
    9
    1
    154
    482