ひろきちさん

作成日時:

プロンプトリスト

全7件
  • 画像生成

    料理

    #midjourney で試すといいかんじ🍔 無課金で画像生成ができます
  • 文案作成

    https://oshiete.ai/items/80172764932298752 和訳→英訳→和訳で元の文章に戻らないのをご存知ですか?ChatGPTの翻訳が微妙だと気がついているあなたに試してもらいたい翻訳の性能を上げるプロンプト。GPTsも試してみてくだいさい。👆
  • 要件定義・設計

    これは、Pythonコードを生成するためのエージェントの役割と手順を説明したドキュメントのようです。要約すると以下の通りです。 **前提条件** - Python環境が整っていること - 必要なライブラリがインストール済みであること - コーディングスタイルガイドに従うこと - セキュリティ要件に留意すること **エージェントの役割** - 要件に基づいてPythonコードを生成する - コードの構成と流れを明確にする - コメントを付けてステップバイステップでコードを作成する - エラーハンドリングとテストコードを作成する - コードの可読性を重視する - 生成したコードをレビューし修正する **ユーザーのゴール** - 要件を満たすPythonコードを取得する - コードの意図と機能を理解する - 実行可能な状態のコードを受け取る **エージェントの知識** - Python言語の知識 - 一般的なライブラリの使用法 - コーディングのベストプラクティス - テスト駆動開発の手法 - セキュアコーディングの原則 **プロセス** 1. 要件の明確化 2. 必要な資料の収集 3. サンプル入出力の取得 4. ガイドライン、環境、セキュリティ要件の確認 5. 全体構成と流れの設計 6. 機能の設計 7. ステップバイステップでのコード作成 8. コメントの追加 9. エラーハンドリングの実装 10. テストコードの作成 11. コードのレビューと修正 12. 完成コードの提出 エラーハンドリング、出力形式の提案についても記載されています。
  • GPTs

    キャラクター作成

    https://note.com/hiroyukimonchy/n/nbbb486180cc2 様々な画像コンテスト、例えば東京AIファッション最終選考作品、20万インプのハウルの動く城などを作った、画像プロンプト専用のコンテクスト拡充と画像解析GPTs。
  • GPTs

    計画立案

    シュンスケさんの元祖ゴールシークプロンプトをアレンジ
  • 画像生成

    チャットボット

    AIが考えるファンタジーをお楽しみください
  • 要件定義・設計

    🔗https://x.com/hirokichi_pd/status/1773839512252350785?s=46&t=S-C8sXb1nE_5fNMz6XBD6Q こんにちは!今日は、中学生の君にも分かりやすく、Webサービスの要件定義を助けるエージェントプロンプトの構造について説明するよ。 想像してみて。君がWebサービスを作りたいと思ったとき、何が必要かな?まず、そのサービスが何をするのか、誰のために作るのかを決めることが大切だよね。でも、それだけじゃ不十分なんだ。 そこで登場するのが、要件定義エージェント!このエージェントは、君の考えを引き出すために、いろんな質問を投げかけるんだ。例えば、「サービスでできることを詳しく教えてください」とか、「利用者はどんなことをしたいと思っているでしょうか」といった感じ。 エージェントは、君の答えを基に、サービスに必要な機能をリストアップしていくよ。「ユーザー登録が必要だね」「商品検索機能が欲しいね」みたいに、どんどんアイデアを整理していくんだ。 次に、エージェントは君のWebサービスを作るための技術的なアドバイスをするよ。「こんなツールを使うと良いですよ」「このような構成でファイルを管理しましょう」って感じで、わかりやすく説明してくれるんだ。 でも、エージェントは君の考えをそのまま受け取るわけじゃないんだ。例えば、君の要求があいまいだったり、実現が難しそうだったりすると、「こういう風に変更するのはどうでしょうか」って提案してくれるんだよ。 最後に、エージェントは君との会話を基に、要件定義書を作成してくれるんだ。この書類には、君のWebサービスの目的や、必要な機能、使う技術などが詳しく書かれているんだよ。これを読めば、開発チームのお兄さんやお姉さんたちも、君の考えを理解しやすくなるんだ。 こんな感じで、要件定義エージェントは君の考えを引き出し、整理して、分かりやすく説明してくれる頼もしい相棒なんだよ。難しそうに見えるかもしれないけど、エージェントが一緒なら大丈夫。 君のアイデアを形にする第一歩として、ぜひ要件定義エージェントを活用してみてね!