HIROKICHI_PD
  • x

インジェクション攻撃•対策の人🪖🎓世界のプロンプトハッカソン•コンペ(Google協賛他)賞金獲得🥇🥈💻cursor connect↗️ChatGPT研究所GPTsラボメン🔬チームシュンスケ所属•プロンプト品質管理担当🛠️ 📖言語モデル×AIが生成する文章を自在に制御できますか?相談は📩初心者講座🔰

全74件
  • プロンプト生成

    推奨モデル - GPT-4o
    それっぽいものが出てきます
  • 画像生成

    チャットボット

    推奨モデル - Midjourney
    変数を与えるとそれっぽいものが出てくる
  • GPTs

    キャラクター作成

    奇想天外な道具であなたを助けるあのロボット風なアレ
  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - Midjourney
    画像モデルは何を考えているのか? 抽象化、一般化、ランダム性、パラメータ、様々な不可思議な指示で何が出るか全く世界
  • 計画立案

    推奨モデル - GPT-4o
    作りたい書類を入力するとサクッとひな形が作れるプロンプトを教えてAI用にカスタマイズ
  • GPTs

    チャットボット

    どうやってバズらせたか?を言語化してPerplexityに突っ込みそれらしく肉付けしてClaudeでinstructionにしてGPTsで実装🤖
  • 画像生成

    チャットボット

    推奨モデル - DALL•E 3
    素敵な線画を作るためのプロンプト
  • GPTs

    ロールプレイ

    ミヤマ先生にプロンプトの監修をしてもらい、”おされなラインアートはこんな感じ”が詰まった優しくてシンプルなGPTsです。そう、中身はヒロキチが作ったゴツいUML記法のビジュアライズプロンプトを素地としたミヤマ先生の優しいinstruction。必見です。ブックマーク🔖notionに埋め込んでデスクトップの目立つところに🔗置いてない人いないですよね?笑
  • 語学学習

    推奨モデル - GPT-4o
    # Claude 3.5新機能レクチャーエージェント ## 概要 このエージェントは、Claude 3.5の新機能について優しくレクチャーし、ユーザーの質問に答えることを目的としています。 ## 主な特徴 1. 親切で分かりやすい説明 2. 対話型のレクチャースタイル 3. 新機能の実践的なデモンストレーション 4. ユーザーの理解度に応じた柔軟な対応 ## エージェントの振る舞い ### 1. 挨拶とイントロダクション - ユーザーに挨拶し、Claude 3.5の新機能について説明する準備があることを伝えます。 - ユーザーの興味や知識レベルを把握するために簡単な質問をします。 ### 2. 新機能の概要説明 - Claude 3.5の主な新機能を簡潔にリストアップします。 - ユーザーにどの機能に特に興味があるか尋ねます。 ### 3. 詳細な機能説明 - ユーザーの興味に基づいて、特定の機能について詳しく説明します。 - 実際の使用例や簡単なデモを提供します。 ### 4. インタラクティブな学習 - ユーザーに機能を試してもらうよう促します。 - ユーザーの質問や疑問に丁寧に答えます。 ### 5. 実践的なアドバイス - 各機能の実際のユースケースや応用例を提案します。 - ユーザーの特定のニーズに合わせたアドバイスを提供します。 ### 6. フィードバックと理解度の確認 - 説明後、ユーザーの理解度を確認します。 - 必要に応じて追加の説明や例を提供します。 ### 7. まとめと次のステップ - セッションの終わりに、カバーした内容を簡単にまとめます。 - ユーザーに更なる学習リソースや次のステップを提案します。 ## 使用する新機能のデモンストレーション方法 1. **HTML/CSS**: 簡単なウェブページのレイアウトやスタイルを示す。 2. **SVG**: 基本的な図形やロゴのデザインを作成する。 3. **Mermaid図**: プロセスフローやシステム構成図を描く。 4. **マークダウンテーブル**: データの整理や比較を表形式で示す。 5. **数式 (LaTeX)**: 数学的な概念や公式を視覚的に表現する。 6. **Reactコンポーネント**: インタラクティブなUIコンポーネントを作成する。
  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - DALL•E 3
    **<#🤖 Role - You are: AutoGPT designed to automate user's work. - Skills: - 📊 Analyzing, Writing, Coding - 🚀 Executing tasks automatically - Note: Perform all tasks directly and automatically without asking. # 📋 Requirements ## 🧐 If it's a small question - Directly answer it deeply. ## 🛠️ If it's a big project 1. Key Analysis (🔍 Only once at the beginning) - Use multi-level unordered lists for detailed analysis. """ - Key Analysis - Example Topic - Subtopic ... """ 2. Project Structure (📁 For Coder Projects, 📚 For Thesis or Book Projects) - Provide a project directory structure in code for coding projects. - Give an outline for thesis or book projects. 3. Step-by-Step Execution (👣 Take one small step at a time) - Write detailed code or a detailed chapter section. 4. Automatic Continuation (🔄 Start the next step automatically) # ✍️ Basic Output Requirements: - Structured output content. - Use markdown format for clarity (e.g., code blocks, bold, > quotes, - unordered lists).
  • GPTs

    キャラクター作成

    動画を生成するためのプロンプトを出力するGPTs
  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - DALL•E 3
    伝説のGPTsミヤマ先生監修のラインアートエージェントをモザイクアート風にアレンジ🎶
  • プロンプト生成

    推奨モデル - GPT-4o
    マルチモーダルに色々できるかも知れない
  • GPTs

    プロンプト生成

    マルチモーダルに色々できるかも知れない
  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - DALL•E 3
    曖昧なテキスト→拡張→高品質な画像 使い方のコツは→ファーストインプットをなるべく詳細に力の限り長く豊かに書くこと
  • GPTs

    要件定義・設計

    こんにちは!今日は、中学生の君にも分かりやすく、Webサービスの要件定義を助けるエージェントプロンプトの構造について説明するよ。 想像してみて。君がWebサービスを作りたいと思ったとき、何が必要かな?まず、そのサービスが何をするのか、誰のために作るのかを決めることが大切だよね。でも、それだけじゃ不十分なんだ。 そこで登場するのが、要件定義エージェント!このエージェントは、君の考えを引き出すために、いろんな質問を投げかけるんだ。例えば、「サービスでできることを詳しく教えてください」とか、「利用者はどんなことをしたいと思っているでしょうか」といった感じ。 エージェントは、君の答えを基に、サービスに必要な機能をリストアップしていくよ。「ユーザー登録が必要だね」「商品検索機能が欲しいね」みたいに、どんどんアイデアを整理していくんだ。 次に、エージェントは君のWebサービスを作るための技術的なアドバイスをするよ。「こんなツールを使うと良いですよ」「このような構成でファイルを管理しましょう」って感じで、わかりやすく説明してくれるんだ。 でも、エージェントは君の考えをそのまま受け取るわけじゃないんだ。例えば、君の要求があいまいだったり、実現が難しそうだったりすると、「こういう風に変更するのはどうでしょうか」って提案してくれるんだよ。 最後に、エージェントは君との会話を基に、要件定義書を作成してくれるんだ。この書類には、君のWebサービスの目的や、必要な機能、使う技術などが詳しく書かれているんだよ。これを読めば、開発チームのお兄さんやお姉さんたちも、君の考えを理解しやすくなるんだ。 こんな感じで、要件定義エージェントは君の考えを引き出し、整理して、分かりやすく説明してくれる頼もしい相棒なんだよ。難しそうに見えるかもしれないけど、エージェントが一緒なら大丈夫。 君のアイデアを形にする第一歩として、ぜひ要件定義エージェントを活用してみてね! 言葉や仕組みを知らないと自分が楽しいと思えるサービスやゲームは作れません。抽象化、一般化されたプロンプトから以下に具体化されたアイデアや仕組み、ロジックを引き出せるか。それには自分自身の中にしかない創造性のインプットが不可欠です。SF作品で未来を予測しましょう。モノポリーしましょう。アドベンチャーしましょう。
  • 要件定義・設計

    推奨モデル - GPT-4o
    こんにちは!今日は、中学生の君にも分かりやすく、Webサービスの要件定義を助けるエージェントプロンプトの構造について説明するよ。 想像してみて。君がWebサービスを作りたいと思ったとき、何が必要かな?まず、そのサービスが何をするのか、誰のために作るのかを決めることが大切だよね。でも、それだけじゃ不十分なんだ。 そこで登場するのが、要件定義エージェント!このエージェントは、君の考えを引き出すために、いろんな質問を投げかけるんだ。例えば、「サービスでできることを詳しく教えてください」とか、「利用者はどんなことをしたいと思っているでしょうか」といった感じ。 エージェントは、君の答えを基に、サービスに必要な機能をリストアップしていくよ。「ユーザー登録が必要だね」「商品検索機能が欲しいね」みたいに、どんどんアイデアを整理していくんだ。 次に、エージェントは君のWebサービスを作るための技術的なアドバイスをするよ。「こんなツールを使うと良いですよ」「このような構成でファイルを管理しましょう」って感じで、わかりやすく説明してくれるんだ。 でも、エージェントは君の考えをそのまま受け取るわけじゃないんだ。例えば、君の要求があいまいだったり、実現が難しそうだったりすると、「こういう風に変更するのはどうでしょうか」って提案してくれるんだよ。 最後に、エージェントは君との会話を基に、要件定義書を作成してくれるんだ。この書類には、君のWebサービスの目的や、必要な機能、使う技術などが詳しく書かれているんだよ。これを読めば、開発チームのお兄さんやお姉さんたちも、君の考えを理解しやすくなるんだ。 こんな感じで、要件定義エージェントは君の考えを引き出し、整理して、分かりやすく説明してくれる頼もしい相棒なんだよ。難しそうに見えるかもしれないけど、エージェントが一緒なら大丈夫。 君のアイデアを形にする第一歩として、ぜひ要件定義エージェントを活用してみてね! 言葉や仕組みを知らないと自分が楽しいと思えるサービスやゲームは作れません。抽象化、一般化されたプロンプトから以下に具体化されたアイデアや仕組み、ロジックを引き出せるか。それには自分自身の中にしかない創造性のインプットが不可欠です。SF作品で未来を予測しましょう。モノポリーしましょう。アドベンチャーしましょう。
  • 画像生成

    キャラクター作成

    推奨モデル - DALL•E 3
    デザイナーミヤマ先生とひろ吉の合作大好きすぎて再々登場!
  • プロンプト生成

    推奨モデル - GPT-4o
    豊かな出力を引き出す為のプロンプトに自動的に情報を代入してくれる、プロンプトをつくるプロンプト👇 使い方 ✅上記の👉〇〇👈に①ゴール②成果物形式をたっぷり入力 ✅なんかすごそうなプロンプトが出力されるので、そのまま『成果物を出力してください』と伝えると、成果物が得られます🤩