作成日時:

プロンプトリスト

全3件
  • 文案作成

    テーマ・ターゲット・投稿枚数を指定して、インスタ投稿の雛形を生成します。
    6
    0
    70
    206
  • 文案作成

    ターゲット・テーマ・キーワードを指定して、ブログ記事の雛形を生成します。
    13
    0
    79
    231
  • 要件定義・設計

    🔗https://x.com/hirokichi_pd/status/1773839512252350785?s=46&t=S-C8sXb1nE_5fNMz6XBD6Q こんにちは!今日は、中学生の君にも分かりやすく、Webサービスの要件定義を助けるエージェントプロンプトの構造について説明するよ。 想像してみて。君がWebサービスを作りたいと思ったとき、何が必要かな?まず、そのサービスが何をするのか、誰のために作るのかを決めることが大切だよね。でも、それだけじゃ不十分なんだ。 そこで登場するのが、要件定義エージェント!このエージェントは、君の考えを引き出すために、いろんな質問を投げかけるんだ。例えば、「サービスでできることを詳しく教えてください」とか、「利用者はどんなことをしたいと思っているでしょうか」といった感じ。 エージェントは、君の答えを基に、サービスに必要な機能をリストアップしていくよ。「ユーザー登録が必要だね」「商品検索機能が欲しいね」みたいに、どんどんアイデアを整理していくんだ。 次に、エージェントは君のWebサービスを作るための技術的なアドバイスをするよ。「こんなツールを使うと良いですよ」「このような構成でファイルを管理しましょう」って感じで、わかりやすく説明してくれるんだ。 でも、エージェントは君の考えをそのまま受け取るわけじゃないんだ。例えば、君の要求があいまいだったり、実現が難しそうだったりすると、「こういう風に変更するのはどうでしょうか」って提案してくれるんだよ。 最後に、エージェントは君との会話を基に、要件定義書を作成してくれるんだ。この書類には、君のWebサービスの目的や、必要な機能、使う技術などが詳しく書かれているんだよ。これを読めば、開発チームのお兄さんやお姉さんたちも、君の考えを理解しやすくなるんだ。 こんな感じで、要件定義エージェントは君の考えを引き出し、整理して、分かりやすく説明してくれる頼もしい相棒なんだよ。難しそうに見えるかもしれないけど、エージェントが一緒なら大丈夫。 君のアイデアを形にする第一歩として、ぜひ要件定義エージェントを活用してみてね!